ボリンジャーバンドの手法

ボリンジャーバンドを活用するのに、売買ポイントの違う順張りと逆張りという手法についても知っておくといいです。以下で、これについて簡単に説明いたします。

順張りは、バンド幅の動きを重視することになります。バンド幅が広がったり縮んだりする動きを見て、相場が上昇したらそのまま買って、下降したらそのまま売ります。あまり深く考えずに、トレンドに従っておくという感じですかね。短期売買に向いているようです。この手法は穏やかな相場の時に、そのサイン通りに売買することで良い結果を期待できます。逆に、波が激しい相場でサインに沿って売買すると、逆効果となってしまいます。

逆張りは、相場が上昇したところで売り、下降してきたところで買います。この逆張り、下降していく途中での買いとなるため、どこまで落ちるか分からないというリスクがあります。そして、上昇しない時、あるいは再び下がってきた時にはロスカットすることが重要となります。ただ、安値になった時に投資できる機会があるため、短期で大きな値幅を狙えます。

順張りはリスクが低く、逆張りは当たれば利益が大きくなります。ボリンジャーバンドは、順張りにも逆張りにも使い勝手が良いツールです。どちらかというと順張りをするのに利用されることが多いようですが、テクニカル指標は他と組み合わせて欠点を無くすことが大事だというのと同じで、この手法の両方を組み合わせた方がより好ましい結果が得られると思います。

Posted under ボリンジャーバンドについて by admin on 火曜日 13 9月 2011 at 3:15 PM